microCMS

【ノックオンザドア株式会社様】アプリ活用で患者ご家族と医師の声を反映し、てんかん治療の更なる発展へ

導入事例
工藤 港

今回はノックオンザドア株式会社様に、オフラインとオンラインを組み合わせた形式で導入事例インタビューをお受けいただきました。

御社の事業内容を教えてください

てんかんをお持ちのお子さんとそのご家族が、服薬状況や発作頻度など日々の記録を共有・管理ができるスマートフォンアプリnanacarananacaraで記録した発作状況などを簡単に共有できる医師向けのWebサービス「nanacara for Doctor」の提供をおこなっています。

nanacaraは、2020年3月にスタートした、患者さんやご家族の声で作られたサービスです。
サービスが生まれた経緯は、2018年に大阪市立総合医療センターのてんかん専門医が患者ご家族との会話から、難治てんかんという病気の情報が少ないことや病院や医師・住んでいる地域によって情報や治療方法に幅があることから、患者ご家族と医師がコミュニケーションが取れる・きちんと治療に繋げていけるオンラインサービスを作りたいと、当社にご相談があったことがきっかけで生まれました。
そこから2年以上にわたり、200名弱の患者さんやご家族・医師から、100件以上のヒアリングを重ね、寄せられた声を機能に反映するために、何度もバージョンアップを重ねたサービスです。これまでに5,000件以上のダウンロードをいただいています。

nanacara for Doctor」は、2020年10月にスタートしたばかりのnanacaraで記録した発作状況などを、診療時にパソコンやタブレットで閲覧できる医師向けのWebサービスです。2021年1月末までに22の病院にご導入をいただいています。




ご担当業務を教えてください

- 富岡さん

プロダクト企画責任者として、開発要件をまとめたりチームメンバーの実行補助をしたり全体の計画を推進していく役割を担っています。
そのほかに、監修先の病院とのコミュニケーションや導入先の病院のフィードバックを得ながら、現行サービスのバージョンアップなどを行っています。
microCMSについては、導入の検証と決定を行いました。

- 金本さん(オンラインでのご参加)

自分自身が患者家族の立場でもありますが、他の患者ご家族にもヒアリングを行い、生活や診察での困りごとの分析を行いながら、アプリのコンテンツ企画を行っています。

直近では、お子さまの体調をワンタップで入力できる体調スタンプ機能や発作と体調の関連性が一目で分かる発作カレンダー、1ヶ月発作グラフなど日々の記録を統計化し、簡単にお子さまの発作状況を把握できるコンテンツを追加しました。

紙の発作手帳には、記録の仕方にバラつきがあることや、説明方法が難しい、記憶に頼ってしまうという課題がありました。
加えて、難治てんかんの発作は、人によって発作の種類や理由・症状が出る体の部位が全く異なり、また薬の種類もさまざまです。
発作の細かい症状が伝わりにくいものの、説明の内容で治療方針や投薬内容が決まってしまうため、患者ご家族のリテラシーに頼ってしまうことから、nanacaraアプリを差し出すだけで患者ご家族と医師との共通言語になるのではと考えています。

microCMS導入のきっかけを教えてください。

アプリの企画・運用をしている中で、急遽外部のサイトとの連携やランディングページの実装が必要になり、効率的に進められる方法を検討していました。そんな時に、プロジェクトの関係者からmicroCMSを噂を聞いたことがきっかけで、microCMSの管理画面を実際に触ってみて実装も早くできそうだと思い、導入を決めました
タイトなスケジュールでしたが、決めてから実際の実装完了までは1ヶ月程度と、スムーズに導入することができました。

利用箇所は、「nanacara」アプリのお知らせ部分や企画バナー表示部分で利用しています。

microCMSを実際に使ってみてのご感想

現状の使用感としては、とてもスムーズにアプリ運営ができています。
初回の選定をしたきりで今後の展開を検討できていない段階なので、活用方法や事例をもっと教えて欲しいと思います。今日のインタビューで、お知らせでの活用方法や、Webサイトやサイネージへの展開ができるということが知れたので、前向きに検討していきたいと考えています。

おわりに

今回はノックオンザドア株式会社様のオフィスにお邪魔してお話を伺いました。
オフィス内には、障害をもった方が作成された素敵な作品が所々に飾られていて、イノベーションを生み出す空間の雰囲気を感じながらインタビューをさせていただきました。
富岡さん、金本さん、そしてノックオンザドア株式会社の皆様ありがとうございました!


-----

nanacaraアプリのように、microCMSはネイティブアプリにも導入することが可能です。
アプリでコンテンツの運用・管理を検討されている方はお気軽にお問い合わせください!

ABOUT ME

工藤 港
「microCMS」運営会社CMO / PanasonicGでシステムエンジニア→船井総研でWebディレクター→フリーでSaaSスタートアップのマーケ→現在

microCMSとは

  1. 開発者、編集者どちらも分かりやすい管理画面

  2. 細かな権限管理や豊富な外部サービス・データ連携

  3. 安心の日本製・日本語でのチャットサポート